カイコ冬虫夏草   

2015年 07月 24日

カイコ冬虫夏草をご存知でしょうか?

テレビで認知症の改善効果が報道されたようです。

当店でも取り扱いしております。

下記にその特徴を記します。

まずカイコの蛹(さなぎ)にハナサナギタケの種菌を植え付けます。植え付けると子実体が育ちます。子実体が育ちきるまで約45日かかります。完全育成させたのち高濃度抽出してカプセルに充填します。

これが製品となりますが、特徴として絞り滓まで粉砕してカプセルに充填していることです。

冬虫夏草は水に溶ける成分と油に溶ける成分が一体となっております。

滓を入れることで両方を摂取できます。
[PR]

# by kanpousinise | 2015-07-24 13:41

免疫療法   

2015年 06月 27日

おすすめの治療法ですが、がんの患者さんが積極的に取り組んでいます。

竹節人参http://www.kanpoyaku-nakaya.com/chikusetuninjin.htmlと
マンネンタケhttp://www.kanpoyaku-nakaya.com/reisikanpou.htmlと
カワラタケhttp://www.kanpoyaku-nakaya.com/kawaratake.html
の組み合わせ によるものです。

マンネンタケも竹節人参もカワラタケも上記サイトから注文できます。 各生薬は500g で注文できます。一日量各10gを土瓶に入れ600mlの水を加え半量(約300ml)になるまで煎じます。

煎じ終わったら残りカスを捨てて、液体を100mlずつ朝、昼、夜に分けて1日3回食前を目安に服用します。

朝に作製することにして、昼と夜の分は冷蔵庫で保存します。

昼と夜になったら、保存しておいた容器をレンジで温めるか、お湯を加えて約50℃~60℃になるまで温めて服用します。冷えると液体と抽出成分が分離するので、温めた後もよくかき混ぜながら服用するとよいでしょう。

マンネンタケに関しては黒霊芝(黒色のマンネンタケ)がおすすめです。
黒霊芝は非常に貴重で、尚且つ野生品であることをお確かめいただきたいので原形のみの販売になっております。量るときは初めに剪定ばさみなどで大体の1日量を知ったのち、毎回はさみで1日量をカットして煎じ鍋に加えます。

上記の薬用量はがんの予防や再発予防には適度ですが、現在進行形のがん患者さんは薬用量を増量したほうが良いです。現在進行形の方はカワラタケ30g、竹節人参15g、マンネンタケ20gがよいかと思います。水の量も800ml→400mlがよいです。
[PR]

# by kanpousinise | 2015-06-27 18:09

進行がんにWTTC   

2014年 10月 10日

WTTCという進行がんの治療薬を知っているでしょうか。
WTTCは生薬それぞれの学名の頭文字をとっています。
藤瘤、菱実、訶子、ヨクイニンです。それらを煎じて服用します。
藤瘤(Wisteria floribunda)
訶子(Terminalia chebula)
菱実(Trapa japonica)
薏苡仁(Coix lacyma-jobi)
とくにがんの方には生薬を多く使う必要があり、煎じ薬で対応することになります。
煎じ薬は効果的です。面倒ですが確実に結果がついてきます。
[PR]

# by kanpousinise | 2014-10-10 11:40

麻黄湯という漢方薬   

2013年 10月 19日

表証の悪寒、無汗、発熱、頭痛、身体痛、咳嗽、口渇がなく、肺気が上逆して喘する者に用いる。
発汗解表薬を用いる際の留意点は津液が不足していないかどうかである。

麻黄湯のタイプは津液が充実している。充実しているので肺気が昇ってくるほどだ。だから喘して息苦しい。

麻黄は寒邪を追うのに優れ、肺気を内から外へ発散する。
桂枝は風邪を追うのに優れる。桂枝は陽気を通す。発汗させ体表の邪を追い出す。

麻黄湯は解表と肺の宣発、粛降を調える2つの役割を担う。
杏仁肺気を上から下へ巡らす。喘はこれで解消する。その他杏仁は食べたものをよく下へ降ろすので、神麹、麦芽、山査子などと併せたりする。
[PR]

# by kanpousinise | 2013-10-19 12:29

荊防敗毒散と風邪   

2013年 10月 10日

風邪にはよく葛根湯を用いる。

それは辛涼、辛温両方の薬味が入ってるから判断を見誤っても治ってしまうからだ。

非常に使いやすい。

使うときに無汗、悪寒、風邪のひきはじめなど条件が重なれば効きやすい。

同じように辛涼と辛温両方を含むのが荊防敗毒散だ。

荊防敗毒散は化膿を散らす漢方だが、皮膚のことは肺にも言える。

皮膚と同じように湿熱のドロドロした物質を肺の底部に溜めているものによい。

だから荊防敗毒散の風邪は痰が出て咳がある。肺気が降りているので湿熱を上に持ち上げようと咳をするのだ。

のども化膿して赤い、痛い。こんな辛い風邪の時期には荊防敗毒散です。
[PR]

# by kanpousinise | 2013-10-10 13:54

風邪と漢方   

2013年 10月 07日

今の時期は夏から秋にかけ暑かったり寒かったりする。
この時期におすすめの漢方薬を紹介します。

藿香正気散は胃腸型の風邪(嘔吐や下痢)に用いる。または夏風邪に用いる漢方薬だ。
高温多湿の夏によく用いる去暑解表薬といえる。

解表作用は麻黄や桂皮を使ったいわゆる桂麻剤(葛根湯など)ほど強くはない(表寒+内湿タイプ)
中国の宋の時代になると桂麻剤は冬に使うことが多くなります。

桂麻剤を夏に使うと口が渇き、胸脇苦満し邪が少陽に入りかえって悪くなります。

一晩中いびきをかき口を開けて眠る方がいる。ときに咽が乾燥して痛み、感冒になるときに藿香正気散はよい。(「餐英館療治雑話」目黒道琢)

中年以降に多く肥満している方が多い。
肥満症で体に湿や痰があるため口を開けてイビキをかく。

ただし鼻が悪く口を開けて寝るタイプには効かない。
[PR]

# by kanpousinise | 2013-10-07 17:37

痔のお客さん   

2013年 07月 23日

今日は痔のお客さんが多かった。
また痔かと思った。
夏になるとこむら返りや痔が増える。
下半身が冷えるのだろう。
私もそうだが布団はろくにかけず寝ている。
半身浴して温めましょう。
[PR]

# by kanpousinise | 2013-07-23 22:17

脚気と漢方   

2013年 06月 19日

脚気というと昔の病と感じるのではないでしょうか。

脚気は大正期以降、ビタミンB1の不足による栄養障害であることが定着し患者数は激減しました。

しかし、それまでというもの3代徳川将軍の時代に精米してお米を食べる習慣がついてから脚気患者は江戸を中心に増えていきました。

その後、日清日露戦争時にはかなりの数の兵士が戦闘ではなく脚気で亡くなったとか。

幕末から明治にかけての医家、浅田宗伯は九味檳榔湯に呉茱萸と茯苓を併せたりしながら脚気の治療に取り組みます。

しかしながら、のちに昭和の漢方医細野史郎先生が九味檳榔湯中のビタミンB1量をしらべましたがほとんど入っておらず、九味檳榔湯の脚気に対する作用はビタミンB1が有効に作用するように導くというものでした。

脚気は足がむくんでだんだんとうっ血性心不全になり、脚気衝心になり死にます。

その足のむくみを効果的にとるのが九味檳榔湯ですが強心作用はありません。

蟾酥などの強心作用のある薬を併せるとうっ血性心不全の原因療法になります。

九味檳榔湯は逐水利尿薬(ちくすいりにょうやく)で大便と小便から水を出し、浮腫を治療します。

今でいえば、下肢静脈瘤やこむらがえり、リンパ浮腫、浮腫みを中心としたメタボに応用できます。

九味檳榔湯の面白いのは半夏厚朴湯去半夏を含みます。精神神経症状があるものにハマります。

私が一番書きたかったのは私の知り合いが学生時代に脚気になっていたという事実です。

最近聞きました。その方の学生時代の脚気患者数は日本全体で約300人。

もうとっくに脚気なんて忘れていた時代です。真夏の暑い中、毎日毎日柔道をして汗を大量にかいていたそうです。昭和40年当時に、脚気と診断されたんだとか。驚きです。

上述した兵士の脚気病死者が増えたのも真夏でした。発汗はビタミンを消費する。

アルコールも消費します。私はこれを書きながら酒を飲み、アリ○ミンをのみます。
[PR]

# by kanpousinise | 2013-06-19 00:14

水分代謝の漢方   

2013年 04月 14日

代表的なものに五苓散(ごれいさん)がある。

五苓散は口が渇いて水を飲もうと欲する。その原因は内臓に熱があるため。

しかし、胃の中には代謝不全となった不要な水が停滞している。

そのため五苓散証の患者は水を欲して飲むのだが、すぐに吐いてしまうのだ。

五苓散は名前の通り5つの薬から構成される。

五苓散を構成するのは、猪苓、沢瀉、茯苓、桂枝、白朮。

猪苓と沢瀉は内臓の熱を除く作用がある。

当店に効く五苓散がある。お問い合わせされたし。
[PR]

# by kanpousinise | 2013-04-14 21:49

目に良い菊花   

2013年 04月 12日

 菊花茶をつくって飲みましょう。菊花には野菊化と杭菊花があり、どちらも汎用されます。
 野菊はアレルギー性の結膜炎や花粉症によく、杭菊花は白内障や緑内障の眼疾患に用いると効果的です。また、目薬の木もよいでしょう。加齢からくる目のかすみや視力低下には枸杞子を加えるとよいでしょう。当薬局で揃います。
[PR]

# by kanpousinise | 2013-04-12 23:25