創業400年の老舗です。漢方・生薬の売買を生業にしています。   

2011年 02月 06日

生薬とは天然の薬草、石薬、鉱物などを乾燥し煎じ
やすいように調製したものということができます。
植物の種子も生薬として利用されています。ときどき
この種を植えたら生えてきますかという質問があります。
ぜひ試してみて欲しいと思います。
薬だからどれだけ飲めばいいのかとか量を計るのに
どんな秤がいいか。とかきめの細かい質問もありますが、
それほど気にされず大雑把に5~10g位を煎じれば
殆どは問題ありません。
単独で使って気をつけなければいけない生薬は
附子、大黄、柴胡、牽牛子などいくつかあります。
これらは御注文のあった時点で詳しく取り扱いを説明致します。
せっかく先人が経験と智恵を集積して作り上げた薬の
基のようなものですから丁寧にそして大胆に
扱っていきたいと思います。

e0229156_11434083.jpg

[PR]

by kanpousinise | 2011-02-06 11:44

<< 創業400年の老舗です。漢方・... 創業400年の老舗です。漢方・... >>