プラセンタ(別名;紫河車、混元)   

2012年 04月 04日

 プラセンタは胎盤のことです。胎盤は受精した1個の卵子を10カ月で1人の人間に育てる偉大な力を持っています。胎盤には不思議な力があると昔から言われており、抗癌、肝臓の保護、肉体疲労回復、不妊症などに使われてきました。
 最近の研究では肝臓の保護、肝硬変の予防(京都大学 三林教授)、発がんの予防(国立遺伝学研究所、賀田博士の研究)に非常に有益だとわかってきました。胎盤には発癌物質の作用を抑える強力な因子が在ることがわかってきました。
 胎盤はプラセンタとか混元とか紫河車とも呼ばれます。
[PR]

by kanpousinise | 2012-04-04 19:03

<< 越婢加朮湯 菖蒲根と石菖蒲 >>