越婢加朮湯   

2012年 04月 05日

 身体から水分が出ている状態で毛穴が開いて汗が大いに漏れて、下半身に力がなくなる状態を治す。と古典にあります。浅田宗伯は脚が腫れるとか脚のむくむようなものに効くと言ってます。結節性紅斑や痛風、脚の関節炎、変形性膝関節炎などに使います。要するに脚の方に炎症があったり、むくんだり、痛んだりするのに使うのです。すると案外よく効きます。
[PR]

by kanpousinise | 2012-04-05 19:11

<< 虚弱な胎児とは プラセンタ(別名;紫河車、混元) >>