きゅう帰調血飲第一加減   

2012年 07月 13日

 きゅう帰調血飲第一加減という漢方薬がある。そもそもこれは産後の肥立ちに使う漢方薬として「万病回春」という古典に記してある。
 漢方的には気血両虚のかたで、気滞血瘀の病態に適している。産後は気血を損傷して気血虚損の状態に陥りやすいといえる。これが気血両虚の状態。
 この状態の方にストレスや疲労が重なると気滞血瘀という病態を呈することがある。この気滞血瘀は気血が少ないために絶対量が少ないもの。絶対量が少ないので全身的には気血があまり通っていない箇所が現れる。この流れていない部分が気滞血瘀の状態にあり、さまざまな症状がみられる。
 気滞血瘀の症状は産後の血脚気がそれです。産後は脚に血が巡らず立つことができなくなるというもの。旦那さんが奥さんをおぶって帰るようなときですね。産後に関節リウマチになる方がいます。これも気滞血瘀を改善することでよくなります。気管支喘息になることもあります。このような膠原病は気滞血瘀を治してやると好転することが多いです。
 産後には第一加減を飲んでおくと、もしものときに備えられるでしょう。
[PR]

by kanpousinise | 2012-07-13 22:39

<< 漢方勉強会 四物湯という漢方薬 >>