麻黄湯という漢方薬   

2013年 10月 19日

表証の悪寒、無汗、発熱、頭痛、身体痛、咳嗽、口渇がなく、肺気が上逆して喘する者に用いる。
発汗解表薬を用いる際の留意点は津液が不足していないかどうかである。

麻黄湯のタイプは津液が充実している。充実しているので肺気が昇ってくるほどだ。だから喘して息苦しい。

麻黄は寒邪を追うのに優れ、肺気を内から外へ発散する。
桂枝は風邪を追うのに優れる。桂枝は陽気を通す。発汗させ体表の邪を追い出す。

麻黄湯は解表と肺の宣発、粛降を調える2つの役割を担う。
杏仁肺気を上から下へ巡らす。喘はこれで解消する。その他杏仁は食べたものをよく下へ降ろすので、神麹、麦芽、山査子などと併せたりする。
[PR]

by kanpousinise | 2013-10-19 12:29

<< 進行がんにWTTC 荊防敗毒散と風邪 >>