<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

水毒(すいどく)   

2011年 08月 29日

 水毒とは水の代謝・排泄の障害をいいます。この考え方は江戸時代中期に遡ります。
このとき日本の医家、吉益南涯(よしますなんがい)(1750-1813)は気血水論を提唱します。南涯はその中で「病人の病態は気血水の変動によって生じる」と考えました。気・血・水それぞれがバランスを保つことで健康な体として機能すると考えたのです。
 水は皮膚を滋潤して眼・鼻・口・舌を滋潤します。さらに血脈に入り骨へ流れて骨髄や脳を滋潤します。水は不足すると健康を害しますが、過剰になってもよくありません。過剰になった水は同じところにとどまると化熱しドロドロとした『痰(たん)』となり、体内に停滞し気血の巡りを悪くします。
 日本は島国です。海に囲まれたこの国は湿気が多く、余分な湿気を体にとどめやすい環境にあります。余分な水は浮腫・胸水・腹水・耳鳴り・頭痛・めまい・アレルギー性鼻炎・関節内の水腫など体調に変化を及ぼします。雨や湿度の高い日に調子が悪いと感じることもあります。
 漢方薬で体内に偏在する水を追い出し、水毒を治療しましょう。
<水毒治療の漢方薬>

生薬を500gずつ購入して煎じて作れば効果的かつ経済的です。

吉益南涯像↓
e0229156_15333223.jpg

[PR]

by kanpousinise | 2011-08-29 15:02

甲状腺ガンの予防のために   

2011年 08月 17日

福島原発周辺部で検出された放射性ヨウ素131は現状では
基準値に比べ126.7倍になってるといわれる。
放射性ヨウ素は地上部だけではなく
海水にも拡散していくような状況である。特に、海水の
場合は魚類から貝類へと食物連鎖によって濃度が高くなっていく
ことが予想される。しかも海水には区別や境界もない、広い
範囲に拡散していくことも十分予測される。
一方、甲状腺には、ヨウ素を取り込み蓄積するという機能
がある。原子力施設の事故で環境中に放出された
放射性ヨウ素131が体内に吸収されると、甲状腺で即座に
甲状腺ホルモンに合成され、甲状腺組織の中で放射能を
放出し続ける。汚染された野菜や魚介類を摂り続ければ
その結果、放射能による甲状腺障害が起こり、後天性の
障害として甲状腺ガンや甲状腺機能低下症を引き起こすこと
も考えられる。
甲状腺機能が低下すると代謝機能が衰え、コレステロール値
が影響を受けその結果、狭心症や心筋梗塞の原因にも
なったりする。
これらの障害を防ぐためには、被曝する前に放射能を
持たないヨウ素を服用し、甲状腺をヨウ素で蓄積して
おくと、後で放射性ヨウ素が取り込まれたとしても、
あらかじめ服用しておいたヨウ素で満杯になっているので
甲状腺には取り込まれず予防的効果が期待できると
いわれている。
だからといって、
一部地域においてヨウ素剤であるヨウ化カリウムが配布された
と言われているが、現在の状況下のなかでヨウ化カリウムを服用
するのはいかがなものだろうか。
今は余り効果はないが、確実に副作用のない「海藻」を
煎じたりして服用することは決して無駄ではないと思う。
しかもこの海藻は昨年採集し製品化したものである。
海藻
[PR]

by kanpousinise | 2011-08-17 22:29

放射能汚染とガン   

2011年 08月 12日

ガンははじめは顕微鏡でなければ発見できないほど小さなものです。
それが1~2年のうちにだんだん大きくなって、見た目にもはっきした
形をとるようになってきます。それは見た目にも異常な肉のかたまり
としてうつります。
がんは自分勝手に、しかもどんどん大きくなるために、まわりの
正常な組織を片っ端からこわしていきます。そしてあるものは粘膜
の表面にもりもりともりあがってきます。あるいは中心部がこわれて、
潰瘍をつくるものもあります。またもりあがりは余り強くないかわりに、
広い範囲にわたってガン細胞が浸潤し、硬くなってくるものもあります。
ガンの表面はでこぼこしています。そしてさわるとコリコリして硬く、
健康な部分とそうでない部分とを区別できガンの症状の発現を理解
するうえで役にたちます。
今放射性セシウムが問題になっていますが、これはセシウムの値が
減っていかないからですね。そうしますと、これが原因で被爆した
場合にはガンの原因とかになる虞があるからです。
京都の「五山送り火」の一つ「大文字」で岩手県陸前高田市の
被災松を使う計画を中止後、大文字保存会が一転して受け入れを
決めた問題で、京都市は12日、現地から届いた松から
放射性セシウムが検出されたため再度受け入れを中止しました。
岩手県といえば福島県からは遠く離れています。
むしろ東京都のほうが福島県からは近いですね。
怖い話になりましたね。
ガン予防
[PR]

by kanpousinise | 2011-08-12 18:48

ガンと生薬(4)   

2011年 08月 07日

発ガン性のある物質は多数みつかっていますが、化学的原因
(機械的刺激、紫外線X線) 、生物学的原因 (ウイルスなど) でも
ガンをひきおこすことができることが確かめられています。
こういった特定の刺激が私達のからだに作用しているうちに、
長いあいだには正常細胞がいろいろの変化を受け、それが
つもりつもって、或る一定のレベルに達すると、ガン細胞に
変わるというものなのです。
最近の研究によると、ガン原物質はその作用形式から、
ガンを引き起こす作用のあるもの (イニシエーター) と
それを促進する作用のあるもの (プロモーター)の二つがある
といわれています。この二つの作用が重なり合うことによって、
ガンができあがるのです。
また、からだの免疫力が低下すると、ガンにかかる率が高く
なるのも事実です。これらのガン原物質は、もともと地球上
にあったものですが、多くは文明が作りだしたものです。
そして文明の進歩とともにますます増加しております。
たとえば、タバコ、煤煙や自動車の排気ガスによって汚染された
空気、いろいろの食品添加物、染料、コールタール、
アスファルト、放射線など数え上げたらきりがありません。
「チりもつもれば山となる」の例えどうり、ガン原物質も
積み重なればガンを引き起こす原因になります。
一つでもガン原物質を減らす努力をする事が必要だと考えます。
[PR]

by kanpousinise | 2011-08-07 10:53