<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

クローズアップ現代と漢方、生薬   

2012年 04月 24日

 NHKのクローズアップ現代で漢方の特集があったようです。生薬の原価が高騰しています。
 当薬局では可能な限り、以前の価格を維持したいと思っております。
[PR]

by kanpousinise | 2012-04-24 23:33

自分でできる診断法   

2012年 04月 16日

 手の爪先をおさえてみてください。その後、パッと離してみる。そのとき爪の赤さがすぐに戻るようならば、病気は快方に向いています。
 この診断法でもう一つわかることがある。「血」の不足だ。血が不足している方はパッと離しても赤みがすぐに戻らない。そんな方は血を補う漢方薬を。地黄、丹参、当帰などがその代表だ。
 特に女性は生理で血を毎月失う。多くの女性が当帰に救われたと感じていることだろう。当帰はアンジェリカという別名がある。こんな別名を出すとハーブが好きな方や、道端三姉妹が好きな方は親近感をおぼえるだろう。いま全国で順番に漢方の講演会をある製薬会社がしています。さきの道端さんなど芸能人や大学の先生を招いて漢方をわかりやすく伝えるそうです。ご興味のある方は行ってみては?
 男性も血が不足する。それが顕著になるのは疲労だ。疲れて疲れてどうしようもないとき、いわゆるゲッソリする。顔が青白くなる。そんな方にもぜひ補血剤をおすすめする。よく眠れるようになる。
[PR]

by kanpousinise | 2012-04-16 21:40

虚弱な胎児とは   

2012年 04月 11日

 男女の精の合体により妊娠は成立し、合体した精は胎児にとっては「先天の気」になる。そしてこの腎気を中心に、母体の気、血から栄養を受けながら、脳→髄→骨→筋→脈→皮→肉→毛→髪の順に胎児は形成されて生長していく。
 しかし、母体からの栄養を十分に活用できるか否かは、胎児自身の腎気いかんによる。親からゆずり受けた腎気(先天の気)が、すでに妊娠成立時に不足していれば、生まれながらにして虚弱体質になる。
[PR]

by kanpousinise | 2012-04-11 00:01

越婢加朮湯   

2012年 04月 05日

 身体から水分が出ている状態で毛穴が開いて汗が大いに漏れて、下半身に力がなくなる状態を治す。と古典にあります。浅田宗伯は脚が腫れるとか脚のむくむようなものに効くと言ってます。結節性紅斑や痛風、脚の関節炎、変形性膝関節炎などに使います。要するに脚の方に炎症があったり、むくんだり、痛んだりするのに使うのです。すると案外よく効きます。
[PR]

by kanpousinise | 2012-04-05 19:11

プラセンタ(別名;紫河車、混元)   

2012年 04月 04日

 プラセンタは胎盤のことです。胎盤は受精した1個の卵子を10カ月で1人の人間に育てる偉大な力を持っています。胎盤には不思議な力があると昔から言われており、抗癌、肝臓の保護、肉体疲労回復、不妊症などに使われてきました。
 最近の研究では肝臓の保護、肝硬変の予防(京都大学 三林教授)、発がんの予防(国立遺伝学研究所、賀田博士の研究)に非常に有益だとわかってきました。胎盤には発癌物質の作用を抑える強力な因子が在ることがわかってきました。
 胎盤はプラセンタとか混元とか紫河車とも呼ばれます。
[PR]

by kanpousinise | 2012-04-04 19:03