<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

免疫療法   

2015年 06月 27日

おすすめの治療法ですが、がんの患者さんが積極的に取り組んでいます。

竹節人参http://www.kanpoyaku-nakaya.com/chikusetuninjin.htmlと
マンネンタケhttp://www.kanpoyaku-nakaya.com/reisikanpou.htmlと
カワラタケhttp://www.kanpoyaku-nakaya.com/kawaratake.html
の組み合わせ によるものです。

マンネンタケも竹節人参もカワラタケも上記サイトから注文できます。 各生薬は500g で注文できます。一日量各10gを土瓶に入れ600mlの水を加え半量(約300ml)になるまで煎じます。

煎じ終わったら残りカスを捨てて、液体を100mlずつ朝、昼、夜に分けて1日3回食前を目安に服用します。

朝に作製することにして、昼と夜の分は冷蔵庫で保存します。

昼と夜になったら、保存しておいた容器をレンジで温めるか、お湯を加えて約50℃~60℃になるまで温めて服用します。冷えると液体と抽出成分が分離するので、温めた後もよくかき混ぜながら服用するとよいでしょう。

マンネンタケに関しては黒霊芝(黒色のマンネンタケ)がおすすめです。
黒霊芝は非常に貴重で、尚且つ野生品であることをお確かめいただきたいので原形のみの販売になっております。量るときは初めに剪定ばさみなどで大体の1日量を知ったのち、毎回はさみで1日量をカットして煎じ鍋に加えます。

上記の薬用量はがんの予防や再発予防には適度ですが、現在進行形のがん患者さんは薬用量を増量したほうが良いです。現在進行形の方はカワラタケ30g、竹節人参15g、マンネンタケ20gがよいかと思います。水の量も800ml→400mlがよいです。
[PR]

by kanpousinise | 2015-06-27 18:09