きゅう帰調血飲第一加減   

2012年 07月 13日

 きゅう帰調血飲第一加減という漢方薬がある。そもそもこれは産後の肥立ちに使う漢方薬として「万病回春」という古典に記してある。
 漢方的には気血両虚のかたで、気滞血瘀の病態に適している。産後は気血を損傷して気血虚損の状態に陥りやすいといえる。これが気血両虚の状態。
 この状態の方にストレスや疲労が重なると気滞血瘀という病態を呈することがある。この気滞血瘀は気血が少ないために絶対量が少ないもの。絶対量が少ないので全身的には気血があまり通っていない箇所が現れる。この流れていない部分が気滞血瘀の状態にあり、さまざまな症状がみられる。
 気滞血瘀の症状は産後の血脚気がそれです。産後は脚に血が巡らず立つことができなくなるというもの。旦那さんが奥さんをおぶって帰るようなときですね。産後に関節リウマチになる方がいます。これも気滞血瘀を改善することでよくなります。気管支喘息になることもあります。このような膠原病は気滞血瘀を治してやると好転することが多いです。
 産後には第一加減を飲んでおくと、もしものときに備えられるでしょう。
[PR]

# by kanpousinise | 2012-07-13 22:39

四物湯という漢方薬   

2012年 06月 20日

 四物湯という漢方薬があります。
 名前の通り4つの薬から成り立ちます。地黄、当帰、芍薬、川きゅうといわれるものでいずれも植物の根っこです。これらは血を補う作用があり、生理で毎月血を失う女性には大変有用な処方になります。四物湯は血を補うだけではなく、その流れもよくします。では昔の偉人が残した言葉を記載します。
 浅田飴で有名な浅田宗伯先生の書籍から引用です。
 「四物湯は、血道を滑らかにする手段なり。それゆえ血虚にはもちろん、瘀血や血塊の塊の類、腹に滞積して種々の害をなすものに用いれば、例えるならば障子の戸が開け閉めにきしむ音を出すときに上下の溝に油を塗るがごとく活血して通利をつける。一概に血虚を補うだけではない。」
 和田東郭先生によれば、「正中線を通る経絡に動悸を発し、臍の上1寸(約3cm)あたりの動悸が最も激しいものには肝虚の証に間違いない。肝虚なら腎も共に虚し、男女限らずここの動悸が激しくなる。これ即ち地黄を用いる標的とする」とある。
 臍の上3cmに動悸がしたら地黄の入った四物湯です。
[PR]

# by kanpousinise | 2012-06-20 22:22

元気ハツラツ!前田利家公飴   

2012年 06月 13日

・日刊ゲンダイ2012年6月6日号(5日発行)


e0229156_11255617.jpg

[PR]

# by kanpousinise | 2012-06-13 11:28

混元丹飴の由来   

2012年 05月 24日

元禄5年(1692年)飛騨高山を治めていた大名・金森長近が
死去したことにともない、
金森家は出羽国へ移封されることになった。
幕府の命により前田家は軍を出し高山城の接収にあたったが戦闘
になるおそれもあり、藩士達は緊張のまま高山へ向けて出陣した。
このとき加賀藩より携帯させたのが陣中の秘果「混元丹飴」であった。
それ以来、中屋家では有事の際に製造がなされたと伝えられる。
まさに元気ハツラツになる栄養満点の非常食といえるだろう。

混元丹飴の配合成分
高麗人参・・・・・ウコギ科オタネニンジンの根、韓国が主な産地。朝鮮人参ともいわれる。
プラセンタ・・・・・ブタ胎盤100パーセントの粉末。国内で衛生的に製造されたもので
混元、紫河車とも呼ばれる。
枸杞の実・・・・・・ナス科のクコの果実。「千里の旅をする。クコとラマは食することなかれ。
           二物は精気を補益し強精するからなり。」といわれる。
黄精・・・・・・・ユリ科のナルコユリの根茎。小林一茶は自ら栽培して、
その根を食べたり酒に浸したりした。
        六十歳になっても子をなしたといわれる艶福家であつた。
亜鉛・・・・・海藻亜鉛を原料にしている。亜鉛不足の中高年に朗報である。
ウコン・・・・・・ショウガ科ウコンの根茎。「ウコンの力をあなどるなかれ」といわれる。
夏みかんの皮・・・・・・日本産ミカン科ナツミカンの成熟果実の皮。香りがいい。
赤芍(せきしゃく)・・・・・・・「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花」百邪を
払う言い伝えあり。
その他・・・・コンスターチ、水飴、砂糖。
混元丹飴
e0229156_225727100.jpg

[PR]

# by kanpousinise | 2012-05-24 22:57

前田利家公飴の新発売   

2012年 05月 23日

e0229156_22203933.jpg
前田利家公飴の由来
金沢は小立野、寺町という二つの台地と犀川、浅野川という二つの流れを
利用して作られた町といえる。
小立野台地の先端部に作られたのが、兼六園であり、金沢城である。
当時、金沢は尾山といわれ一向宗徒の居城であった。
1580年 (天正8年) 織田信長の武将柴田勝家が加賀に侵入し、配下の
武将佐久間盛政が金沢御坊を落し入城した。
金沢城の最初の主は佐久間盛政である。
盛政の治世は三年ばかりで、1582年 (天正10年) 本能寺の変で信長が倒れ、
秀吉が賤ケ岳の合戦で柴田勝家と闘った。
前田利家は当時は七尾の小丸山城を出陣し勝家に味方し手取川まできて布陣し、
戦況の様子を伺っていた。
佐久間盛政は膠着状態の戦局を打開するため戦をしかけたが、
これが柴田軍総崩れの原因となった。
越前北の庄で勝家がお市の方とともに自刃し果てたのは多くの人の知るところである。
手取川を越えずに布陣していた前田利家は軍を引き払い七尾に戻ろうとした。
これが幸いして逆に秀吉軍に味方することになり、1583年 (天正11年)

前田利家軍は敗れた盛政軍を追い払い金沢城に入城した。
前田利家は加賀前田家の祖で、豊臣時代の五大老の一人である。
豊臣政権を支えた№2として広く知られている。
弊舗の祖は近江の国の出身で、金沢近郊に移り住み、
その後、天正7年(1579年)金沢・南町において
薬種業を創業した。代々が彦十郎を襲名し現在も中屋彦十郎薬舗として営業している。


前田利家公飴の配合成分
高麗人参・・・・・・ウコギ科オタネニンジンの根、韓国が主な産地。
朝鮮人参ともいわれる。
マムシ・・・・・・天然マムシ100パーセントの真正を使用しています。
マムシは栄養豊富で食べると大変体にいい。
マカ・・・・・・アンデスのパワフル植物マカ。アブラナ科のハーブである。
黄精・・・・・・・ユリ科のナルコユリの根茎。小林一茶は自ら栽培して、
その根を食べたり酒に浸したりした。
        六十歳になっても子をなしたといわれる艶福家であつた。
亜鉛・・・・・海藻亜鉛を原料にしている。亜鉛不足の中高年に朗報である。
夏みかんの皮・・・・・・日本産ミカン科ナツミカンの成熟果実の皮。香りがいい。
その他、砂糖、水飴。
前田利家公飴
[PR]

# by kanpousinise | 2012-05-23 22:15

不妊症と漢方その2   

2012年 05月 20日

 その1に続き、補足します。月経あり・排卵ありで妊娠しない方は着床しない子宮内膜に問題がある。当帰芍薬散を服用すると子宮内膜の肥厚をたすけ、着床しやすい子宮環境に整える。
 生理初日に原子卵胞に命令が届き20個ほどの卵子が成長しはじめる。そのうち1個だけが卵子に成長して14日後に排卵されるのだが、生理があって排卵がない方は卵子が成長していないことが考えられる。これが不妊の原因と考えられる方は腎虚といえる。腎虚を改善する薬を服用します。または、卵管狭窄などが考えられるときは駆瘀血薬を入れる。子宮内膜症をしたことがあって内皮細胞が飛んで着床までの道筋に瘀血を形成したものにも駆瘀血剤を。
 最近は排卵検査薬というものもあるので、排卵しているか確認しましょう。基礎体温をつけるのも正確性に心配があります。
[PR]

# by kanpousinise | 2012-05-20 01:28

不妊症の漢方治療-月経を調える-   

2012年 05月 12日

妊娠に大事なのは生理の状態
☆生理が30日以内の周期でくる
→当帰芍薬散(排卵あり)
→折衝飲(排卵なし)

☆生理が30日を超える
→小柴胡湯と四物湯を合わせて経血をつくる

☆生理がこない
きゅう帰調血飲第一加減をベースに四物湯や折衝飲

 小柴胡湯と四物湯の組み合わせを2、3か月やると勝手に排卵も起こる。生理があるのかないのかがまず1つ。次は30日以内なのか超えるのか。脳下垂体が生理を起こすリズムをつくる。生理がこないのは脳下垂体が傷んでいる。脳下垂体には四物湯。ダイエットで脳下垂体がリズムを調えられなくなり月経が止まる方にも。
 不妊症では腎虚も考えられる。きゅう帰調血飲第一加減は補腎薬が微量なので腎虚ではない不妊症に用いる。(腎虚には肉じゅうよう、蛇床子、巴戟天)
[PR]

# by kanpousinise | 2012-05-12 15:25

クローズアップ現代と漢方、生薬   

2012年 04月 24日

 NHKのクローズアップ現代で漢方の特集があったようです。生薬の原価が高騰しています。
 当薬局では可能な限り、以前の価格を維持したいと思っております。
[PR]

# by kanpousinise | 2012-04-24 23:33

自分でできる診断法   

2012年 04月 16日

 手の爪先をおさえてみてください。その後、パッと離してみる。そのとき爪の赤さがすぐに戻るようならば、病気は快方に向いています。
 この診断法でもう一つわかることがある。「血」の不足だ。血が不足している方はパッと離しても赤みがすぐに戻らない。そんな方は血を補う漢方薬を。地黄、丹参、当帰などがその代表だ。
 特に女性は生理で血を毎月失う。多くの女性が当帰に救われたと感じていることだろう。当帰はアンジェリカという別名がある。こんな別名を出すとハーブが好きな方や、道端三姉妹が好きな方は親近感をおぼえるだろう。いま全国で順番に漢方の講演会をある製薬会社がしています。さきの道端さんなど芸能人や大学の先生を招いて漢方をわかりやすく伝えるそうです。ご興味のある方は行ってみては?
 男性も血が不足する。それが顕著になるのは疲労だ。疲れて疲れてどうしようもないとき、いわゆるゲッソリする。顔が青白くなる。そんな方にもぜひ補血剤をおすすめする。よく眠れるようになる。
[PR]

# by kanpousinise | 2012-04-16 21:40

虚弱な胎児とは   

2012年 04月 11日

 男女の精の合体により妊娠は成立し、合体した精は胎児にとっては「先天の気」になる。そしてこの腎気を中心に、母体の気、血から栄養を受けながら、脳→髄→骨→筋→脈→皮→肉→毛→髪の順に胎児は形成されて生長していく。
 しかし、母体からの栄養を十分に活用できるか否かは、胎児自身の腎気いかんによる。親からゆずり受けた腎気(先天の気)が、すでに妊娠成立時に不足していれば、生まれながらにして虚弱体質になる。
[PR]

# by kanpousinise | 2012-04-11 00:01