タグ:がん ( 7 ) タグの人気記事   

免疫療法   

2015年 06月 27日

おすすめの治療法ですが、がんの患者さんが積極的に取り組んでいます。

竹節人参http://www.kanpoyaku-nakaya.com/chikusetuninjin.htmlと
マンネンタケhttp://www.kanpoyaku-nakaya.com/reisikanpou.htmlと
カワラタケhttp://www.kanpoyaku-nakaya.com/kawaratake.html
の組み合わせ によるものです。

マンネンタケも竹節人参もカワラタケも上記サイトから注文できます。 各生薬は500g で注文できます。一日量各10gを土瓶に入れ600mlの水を加え半量(約300ml)になるまで煎じます。

煎じ終わったら残りカスを捨てて、液体を100mlずつ朝、昼、夜に分けて1日3回食前を目安に服用します。

朝に作製することにして、昼と夜の分は冷蔵庫で保存します。

昼と夜になったら、保存しておいた容器をレンジで温めるか、お湯を加えて約50℃~60℃になるまで温めて服用します。冷えると液体と抽出成分が分離するので、温めた後もよくかき混ぜながら服用するとよいでしょう。

マンネンタケに関しては黒霊芝(黒色のマンネンタケ)がおすすめです。
黒霊芝は非常に貴重で、尚且つ野生品であることをお確かめいただきたいので原形のみの販売になっております。量るときは初めに剪定ばさみなどで大体の1日量を知ったのち、毎回はさみで1日量をカットして煎じ鍋に加えます。

上記の薬用量はがんの予防や再発予防には適度ですが、現在進行形のがん患者さんは薬用量を増量したほうが良いです。現在進行形の方はカワラタケ30g、竹節人参15g、マンネンタケ20gがよいかと思います。水の量も800ml→400mlがよいです。
[PR]

by kanpousinise | 2015-06-27 18:09

進行がんにWTTC   

2014年 10月 10日

WTTCという進行がんの治療薬を知っているでしょうか。
WTTCは生薬それぞれの学名の頭文字をとっています。
藤瘤、菱実、訶子、ヨクイニンです。それらを煎じて服用します。
藤瘤(Wisteria floribunda)
訶子(Terminalia chebula)
菱実(Trapa japonica)
薏苡仁(Coix lacyma-jobi)
とくにがんの方には生薬を多く使う必要があり、煎じ薬で対応することになります。
煎じ薬は効果的です。面倒ですが確実に結果がついてきます。
[PR]

by kanpousinise | 2014-10-10 11:40

放射能汚染とガン   

2011年 08月 12日

ガンははじめは顕微鏡でなければ発見できないほど小さなものです。
それが1~2年のうちにだんだん大きくなって、見た目にもはっきした
形をとるようになってきます。それは見た目にも異常な肉のかたまり
としてうつります。
がんは自分勝手に、しかもどんどん大きくなるために、まわりの
正常な組織を片っ端からこわしていきます。そしてあるものは粘膜
の表面にもりもりともりあがってきます。あるいは中心部がこわれて、
潰瘍をつくるものもあります。またもりあがりは余り強くないかわりに、
広い範囲にわたってガン細胞が浸潤し、硬くなってくるものもあります。
ガンの表面はでこぼこしています。そしてさわるとコリコリして硬く、
健康な部分とそうでない部分とを区別できガンの症状の発現を理解
するうえで役にたちます。
今放射性セシウムが問題になっていますが、これはセシウムの値が
減っていかないからですね。そうしますと、これが原因で被爆した
場合にはガンの原因とかになる虞があるからです。
京都の「五山送り火」の一つ「大文字」で岩手県陸前高田市の
被災松を使う計画を中止後、大文字保存会が一転して受け入れを
決めた問題で、京都市は12日、現地から届いた松から
放射性セシウムが検出されたため再度受け入れを中止しました。
岩手県といえば福島県からは遠く離れています。
むしろ東京都のほうが福島県からは近いですね。
怖い話になりましたね。
ガン予防
[PR]

by kanpousinise | 2011-08-12 18:48

ガンと生薬(4)   

2011年 08月 07日

発ガン性のある物質は多数みつかっていますが、化学的原因
(機械的刺激、紫外線X線) 、生物学的原因 (ウイルスなど) でも
ガンをひきおこすことができることが確かめられています。
こういった特定の刺激が私達のからだに作用しているうちに、
長いあいだには正常細胞がいろいろの変化を受け、それが
つもりつもって、或る一定のレベルに達すると、ガン細胞に
変わるというものなのです。
最近の研究によると、ガン原物質はその作用形式から、
ガンを引き起こす作用のあるもの (イニシエーター) と
それを促進する作用のあるもの (プロモーター)の二つがある
といわれています。この二つの作用が重なり合うことによって、
ガンができあがるのです。
また、からだの免疫力が低下すると、ガンにかかる率が高く
なるのも事実です。これらのガン原物質は、もともと地球上
にあったものですが、多くは文明が作りだしたものです。
そして文明の進歩とともにますます増加しております。
たとえば、タバコ、煤煙や自動車の排気ガスによって汚染された
空気、いろいろの食品添加物、染料、コールタール、
アスファルト、放射線など数え上げたらきりがありません。
「チりもつもれば山となる」の例えどうり、ガン原物質も
積み重なればガンを引き起こす原因になります。
一つでもガン原物質を減らす努力をする事が必要だと考えます。
[PR]

by kanpousinise | 2011-08-07 10:53

制ガン作用のある生薬(3)   

2011年 07月 29日

ガン治療は手術、放射線、化学療法などによる治療のほかに漢方薬
や免疫療法剤による方法を加えて総合的に対処することが大切なので
はないだろうか。 まず、手術、放射線治療によりガンを取り除き、
取り残しのガン細胞を殺すために抗ガン剤と漢方薬を併用する。
そしてなるべく早く漢方薬だけにする。漢方薬は現在の免疫療法剤
以上に免疫力を高め、ガンを抑える効果が期待できるうえに、
抗ガン剤や放射線の副作用を減らす効果がある。現実にはガン患者
のかなり多くが強力な抗ガン剤の副作用でなくなっている。
これに漢方薬を代替したり、同時 服用すれば、誰でも一年や
二年は長生きできるはずである。 しかも、医療用、一般用とも
市販で買い求められる。 代表的なものは「十全大補湯」
「補中益気湯」「小柴胡湯」「人参養栄湯」などである。
十全大補湯は食欲不振を改善するとか、放射線治療による白血球の
減少にも効果があるとか、痛みが少なくなるとかという報告例がある。
どうせだめな場合は一日でも長生きしてもらうために、
代替療法による療法も重大である。植物人間ではないのだから、
頭ははっきりしているのだから、周りの人たちは最大限の努力を
惜しむべきではないと思う。そうした家族の努力が患者に生きる
意欲を起こさせるのである。患者の生きようとする意欲は、
食欲を増し、免疫力を高め、思わぬ長生きを生んだりするのである。
特に放射線治療には高麗人参を早くから飲んでおくのがいいと考える。
[PR]

by kanpousinise | 2011-07-29 17:41

制癌作用のある生薬(2)   

2011年 07月 28日

キノコが持つ独特の成分である、高分子多糖体β-グルカンには
私達の免疫力を高める成分がふくまれている。このキノコでも
「子実体」と「菌糸体」に分けられる。傘と太い柄のような部分
つまり、目に見える部分は子実体である。しかし、キノコの
栄養分は、子実体の根元から土壌の中、或いは樹木など植物中に
伸びている白い糸状の菌糸体のほうに多く含まれているのだ。
目に見えない菌糸体は、土中や植物中で 四方八方に伸びている。
子実体はキノコ料理などの食材。菌糸体こそ健康食品として
利用される部分である。
厳密にいえばキノコは微生物なのである。
抗生物質なども微生物から作り出すのだから、
微生物は強力なパワーをもっているということがいえると思う。
人体の七十パーセントまでが水分でできているが、微生物も
七十パーセントまでが水分で、酵素などの量も人間と同じなの
である。酵素は生体が活動する上で必要不可欠な高分子物質
である。私達の体内にある酵素はデンプンをブドウ糖に変え、
最後は二酸化炭素と水に分解する。蛋白質はアミノ酸に、
脂肪は脂肪酸とグリセリンに分解するのも酵素の働きである。
たとえば、シイタケの菌糸体液には約五十種類の酵素が
含まれているが、酵素は生物の代謝に深くかかわっている。
例えば蛋白質は 消化管にはいると、一旦はアミノ酸に分解
されてから吸収される。しかし、この工程は必ずしもスムーズ
にいかず、人によっては分解されないまま吸収されたりする。
分解酵素の機能不全である。こうなるとやっかいな症状が
でてくる。 蛋白尿、血液減少などがおこる。こうなると、
だるい、根気がないといつたような慢性疲労になるわけである。
キノコにはこうした分解不全を解決する成分がふくまれている
ことがわかっている。
[PR]

by kanpousinise | 2011-07-28 22:41

制ガン作用のある生薬   

2011年 07月 27日

合成薬品の制癌剤は、ガン細胞を殺すことを目的に細胞毒性のあるものだけ
を追い続けてきた。ある種のガンでは最近では無理して殺さず、生体に
免疫力を持たせて、ガン細胞の成長を抑え込み、平和共存をはかったほう
がいいのではないかという考えも生まれてきた。投与した薬用植物のなか
に制ガン効果があるかないかという実験報告がある。
有効性がはっきりと現れたものの一つに漢方生薬の半夏(はんげ)がある。
半夏を投与したマウスは、投与しなかったものに比べて、ガン細胞の成長が
三分の一弱に抑えられたというのだ。半夏というのはいろいろな漢方処方の
なかではなくてはならない重要な生薬で、サトイモ科のカラスビシャクの
根茎である。植物の形はサトイモに似ているが、はるかに小さく草丈は
7~8cm程度、引き抜くと大豆より少し大きいくらいの形の根茎がついている。
その皮を取り除き、白く乾しあげたものが半夏で、そのまま食べると舌が
しびれるような強いえぐ味がある。成分としては、デンプン、蛋白質、
ホモゲンチジン酸および多糖体などが知られている。
水で煮出した液に制ガン効果があったというのだ。それは高分子化合物
である多糖体やポリペプタイドの存在を想像させる。
サルノコシカケ科の菌体から作られている制がん剤PS-Kは、
多糖体に10%くらいのポリペプタイドがくっついたものであるが
これは既に発売されている。しかも半夏は以前から漢方処方に使われ
副作用のないことは既に実証ずみである。
[PR]

by kanpousinise | 2011-07-27 18:48