タグ:漢方 ( 58 ) タグの人気記事   

カイコ冬虫夏草   

2015年 07月 24日

カイコ冬虫夏草をご存知でしょうか?

テレビで認知症の改善効果が報道されたようです。

当店でも取り扱いしております。

下記にその特徴を記します。

まずカイコの蛹(さなぎ)にハナサナギタケの種菌を植え付けます。植え付けると子実体が育ちます。子実体が育ちきるまで約45日かかります。完全育成させたのち高濃度抽出してカプセルに充填します。

これが製品となりますが、特徴として絞り滓まで粉砕してカプセルに充填していることです。

冬虫夏草は水に溶ける成分と油に溶ける成分が一体となっております。

滓を入れることで両方を摂取できます。
[PR]

by kanpousinise | 2015-07-24 13:41

風邪と漢方   

2013年 10月 07日

今の時期は夏から秋にかけ暑かったり寒かったりする。
この時期におすすめの漢方薬を紹介します。

藿香正気散は胃腸型の風邪(嘔吐や下痢)に用いる。または夏風邪に用いる漢方薬だ。
高温多湿の夏によく用いる去暑解表薬といえる。

解表作用は麻黄や桂皮を使ったいわゆる桂麻剤(葛根湯など)ほど強くはない(表寒+内湿タイプ)
中国の宋の時代になると桂麻剤は冬に使うことが多くなります。

桂麻剤を夏に使うと口が渇き、胸脇苦満し邪が少陽に入りかえって悪くなります。

一晩中いびきをかき口を開けて眠る方がいる。ときに咽が乾燥して痛み、感冒になるときに藿香正気散はよい。(「餐英館療治雑話」目黒道琢)

中年以降に多く肥満している方が多い。
肥満症で体に湿や痰があるため口を開けてイビキをかく。

ただし鼻が悪く口を開けて寝るタイプには効かない。
[PR]

by kanpousinise | 2013-10-07 17:37

水分代謝の漢方   

2013年 04月 14日

代表的なものに五苓散(ごれいさん)がある。

五苓散は口が渇いて水を飲もうと欲する。その原因は内臓に熱があるため。

しかし、胃の中には代謝不全となった不要な水が停滞している。

そのため五苓散証の患者は水を欲して飲むのだが、すぐに吐いてしまうのだ。

五苓散は名前の通り5つの薬から構成される。

五苓散を構成するのは、猪苓、沢瀉、茯苓、桂枝、白朮。

猪苓と沢瀉は内臓の熱を除く作用がある。

当店に効く五苓散がある。お問い合わせされたし。
[PR]

by kanpousinise | 2013-04-14 21:49

耳鳴りの漢方薬   

2013年 03月 21日

耳鳴りの漢方薬を紹介します。

①ドクドクと血管が拍動するような耳鳴りには
ストレス有→性交渉多いor高齢→皮膚が黒い→滋腎通耳湯(肝腎陰虚)
ストレス有→イライラがあり自分を通すタイプ→まぶたがけいれんする→加味逍遥散(肝気鬱結)
ストレス無→冷えのぼせ、生理初日が痛む→冷えで耳鳴りが悪化→桂枝茯苓丸(血瘀)

②低音性の耳鳴り(ザー、波の音)
ストレス有→めまいがある→胃にジャブジャブ水がたまる→沢瀉湯(水毒)
ストレス有→のぼせて肩こり→食欲旺盛→大柴胡湯(臓腑熱)
ストレス無→扁桃炎、咽頭炎、中耳炎に続発→耳鳴りは急性→葛根湯加辛夷川きゅう(外感風邪)

③高音性の耳鳴り(キーン、金属音やセミの鳴き声)
ストレス有→性交渉多いor高齢→皮膚が黒い→滋腎通耳湯(肝腎陰虚)
ストレス無→足腰冷えて力なく、夜間尿→冷えがある(腎陽虚)

カッコ内には理由を書きました。当てはまるかわからない方はおききください。
[PR]

by kanpousinise | 2013-03-21 23:35

八味地黄丸という漢方薬   

2013年 01月 10日

 八味地黄丸という漢方薬がある。
 
 腎陰陽両虚につかう薬で要するに衰えた腎機能を回復し、性機能を改善してアンチエイジング効果がある漢方薬となる。
 
 腎はそもそも若いころは充実していて子供をつくることもできる。しかし40代、50代と年齢を重ねるごとに腎が衰えてゆくのだ。

 すると腎機能とともに性機能も衰え男性であれば勃起不全、女性ならば陰部乾燥が顕著になる。

 そういった状態を改善するのが八味地黄丸。

 その他にも腎機能を改善する漢方薬は数多くあり状態に応じて選択する。

 八味地黄丸を服用すると勃起が強くなるとうちに来るお客さんが言っていた。

 試してみてはいかがだろうか。
 
[PR]

by kanpousinise | 2013-01-10 21:37

胃潰瘍と漢方   

2012年 11月 29日

胃潰瘍に良く似た症状に漢方でいう胃反があります。
漢方の重要な古典、金匱要略には「朝に食したものを夕方吐く」ものとあります。
嘔吐が多いものには茯苓沢瀉湯(茯苓、沢瀉、白朮、甘草、桂皮、生姜)が良く効きます。
カッコ内を煎じて服用します。
胃潰瘍で嘔吐に悩まされている方はぜひお試しください。
[PR]

by kanpousinise | 2012-11-29 22:58

エキスと煎じ薬の違い   

2012年 11月 23日

 漢方といえば思いつくものに2種類あるかと思います。
粉状や錠剤になっているものと乾燥した薬草や木の根などです。
粉状のものはエキス剤が多く、コーヒーでいうところのゴールドブレンドです。
お湯に溶くと比較的溶けやすくて飲みやすく携帯に便利という特徴があります。
錠剤はそれを固めたものです。
 粉状のものの中には原末もあります。
これは当帰芍薬散など散剤に用いるものでお湯に溶かしても溶けません。
木や根っこの繊維を粉末にしたものなのでプカプカ浮いたりします。
これはコーヒーでいうところの豆を粉末にしたドリップ用粉末みたいなものです。
もちろんこれに蜂蜜などを入れて丸剤にしたものもあります。
 煎じ薬は刻んだものを普通使います。
コトコト1時間ほど煎じて出てきた煎じ液を服用します。面倒ですがよく効きます。
これも料理みたいなもので、煎じあがる直前に入れる薬草や温度を低めに設定しておかないと有効成分が分解しやすくなる薬草があります。また薬草などをまとめて生薬といいます。
 生薬は乾燥してあるもので、生(しょう)とは姿そのものを洗浄乾燥したものをいいます。
生(なま)ではありません。だから高温多湿を避ければよく日持ちします。
[PR]

by kanpousinise | 2012-11-23 19:29

柴胡疎肝湯と四逆散   

2012年 11月 05日

 浅田宗伯先生の「勿誤薬室方函口訣」をみると四逆散と柴胡疎肝湯の違いが記述してある。
 「四逆散は肝の疏泄が低下して脇腹が痛むときに適する。
 柴胡疎肝湯は脇腹の痛みだけではなく、胸部までつき上げるような感覚があって、頭部、肩、背中などがこわばりひきつるような病態に使用するとよい。」
 四逆散(柴胡・芍薬・枳実・甘草)は手足が冷えて胸脇苦満、緊張して神経過敏な方に用いる処方です。柴胡と芍薬の組み合わせはストレスの除去に効果的です。その四逆散に川芎、香附子、青皮を加えたのが柴胡疎肝湯(医学統旨)。ここでの川芎は活血に使うより頭痛に用います。浅田宗伯先生も記述しているように柴胡疎肝湯の証は脇腹の痛みだけでなく上の痛み、つまり肩こり、背部痛、頭痛です。香附子は鬱気を開き、青皮は脇腹の痛みに必ず用います。
[PR]

by kanpousinise | 2012-11-05 20:33

口臭診断   

2012年 09月 02日

今日テレビで口臭から病気を当てるというのをしていました。
あれは漢方の五行説を基本とした診断法でした。
腐ったような臭いの方は腎の病を疑います。
生臭いにおいの方は肺の病を疑います。
油の生臭さ、獣肉のにおいは肝の病を疑います。
かんばしい臭いは脾の病
こげくさいのは心の病でを疑います。
また、腎は耳と表裏にあるので腎の病は耳の病につながります。
[PR]

by kanpousinise | 2012-09-02 23:01

妊娠   

2012年 08月 03日

 妊娠において大事なものの一つは子宮だ。
 子宮は女子胞とよばれる。女子胞は腎および衝脈、任脈と深く関連する。
 女子胞は発育とともに成熟し『天癸(てんき)』が到来すると月経がくるようになり胎児を養育する環境が整う。歳を重ね腎の精気が衰えると天癸は衰え、月経も停止して生殖能力は消失する。
 これは女性が7の倍数で・・・とよく言われる「古典・素問」の内容で14歳で天癸に至り・・・49歳で天癸つきる。という内容と一致する。
 月経は衝脈を通じて女子胞から出る血液であり、天癸の働きにより衝脈が盛んになり月経が来潮して、脾の摂血作用により月経は停止する。このいずれかに不調があると月経リズムが崩れる。
 女子胞が胎児を養育するためには任脈を通じた血の滋養が重要となる。血を蔵する肝の働きも大事だ。
 
[PR]

by kanpousinise | 2012-08-03 23:02