タグ:生薬 ( 70 ) タグの人気記事   

カイコ冬虫夏草   

2015年 07月 24日

カイコ冬虫夏草をご存知でしょうか?

テレビで認知症の改善効果が報道されたようです。

当店でも取り扱いしております。

下記にその特徴を記します。

まずカイコの蛹(さなぎ)にハナサナギタケの種菌を植え付けます。植え付けると子実体が育ちます。子実体が育ちきるまで約45日かかります。完全育成させたのち高濃度抽出してカプセルに充填します。

これが製品となりますが、特徴として絞り滓まで粉砕してカプセルに充填していることです。

冬虫夏草は水に溶ける成分と油に溶ける成分が一体となっております。

滓を入れることで両方を摂取できます。
[PR]

by kanpousinise | 2015-07-24 13:41

免疫療法   

2015年 06月 27日

おすすめの治療法ですが、がんの患者さんが積極的に取り組んでいます。

竹節人参http://www.kanpoyaku-nakaya.com/chikusetuninjin.htmlと
マンネンタケhttp://www.kanpoyaku-nakaya.com/reisikanpou.htmlと
カワラタケhttp://www.kanpoyaku-nakaya.com/kawaratake.html
の組み合わせ によるものです。

マンネンタケも竹節人参もカワラタケも上記サイトから注文できます。 各生薬は500g で注文できます。一日量各10gを土瓶に入れ600mlの水を加え半量(約300ml)になるまで煎じます。

煎じ終わったら残りカスを捨てて、液体を100mlずつ朝、昼、夜に分けて1日3回食前を目安に服用します。

朝に作製することにして、昼と夜の分は冷蔵庫で保存します。

昼と夜になったら、保存しておいた容器をレンジで温めるか、お湯を加えて約50℃~60℃になるまで温めて服用します。冷えると液体と抽出成分が分離するので、温めた後もよくかき混ぜながら服用するとよいでしょう。

マンネンタケに関しては黒霊芝(黒色のマンネンタケ)がおすすめです。
黒霊芝は非常に貴重で、尚且つ野生品であることをお確かめいただきたいので原形のみの販売になっております。量るときは初めに剪定ばさみなどで大体の1日量を知ったのち、毎回はさみで1日量をカットして煎じ鍋に加えます。

上記の薬用量はがんの予防や再発予防には適度ですが、現在進行形のがん患者さんは薬用量を増量したほうが良いです。現在進行形の方はカワラタケ30g、竹節人参15g、マンネンタケ20gがよいかと思います。水の量も800ml→400mlがよいです。
[PR]

by kanpousinise | 2015-06-27 18:09

進行がんにWTTC   

2014年 10月 10日

WTTCという進行がんの治療薬を知っているでしょうか。
WTTCは生薬それぞれの学名の頭文字をとっています。
藤瘤、菱実、訶子、ヨクイニンです。それらを煎じて服用します。
藤瘤(Wisteria floribunda)
訶子(Terminalia chebula)
菱実(Trapa japonica)
薏苡仁(Coix lacyma-jobi)
とくにがんの方には生薬を多く使う必要があり、煎じ薬で対応することになります。
煎じ薬は効果的です。面倒ですが確実に結果がついてきます。
[PR]

by kanpousinise | 2014-10-10 11:40

クローズアップ現代と漢方、生薬   

2012年 04月 24日

 NHKのクローズアップ現代で漢方の特集があったようです。生薬の原価が高騰しています。
 当薬局では可能な限り、以前の価格を維持したいと思っております。
[PR]

by kanpousinise | 2012-04-24 23:33

菖蒲根と石菖蒲   

2012年 03月 22日

 菖蒲(しょうぶ)といえば一般的には花菖蒲を指す。しかしこれはアヤメ科のもので薬用の菖蒲はこれと違う。薬用につかうものは、サトイモ科の菖蒲でショウブとセキショウの2つがある。生薬名でいうところの菖蒲根が前者で石菖蒲が後者だ。いずれもよく似ている。昔からショウブは風呂に入れたり、民間療法に使用されてきた。菖蒲の風呂は神経痛やリウマチに効果があるといわれている。胃炎、発熱、ひきつけには菖蒲根を煎じて利用していた。
 漢方では菖蒲根と石菖蒲を区別するが、効果は似ていて、てんかんや熱病による意識障害、健忘、神経症、胃痛に用いられる。石菖蒲のほうが香りが強く、気血の巡りをよくするため精神的疾患の治療効果に優れる。
 鬱金と石菖蒲をつかった漢方薬もある。菖蒲鬱金湯。意識障害、煩躁などの症状を緩解する。
 統合失調症にも効果があるという。石菖蒲6gに砂糖を適量加えて煎じて服用する。妄想が多いものに適する。
 多量に用いるべきではない。意識障害や煩躁には1日4.5~7.5g。
[PR]

by kanpousinise | 2012-03-22 19:32

小建中湯の膠飴   

2012年 02月 13日

膠飴といえばあまり効果に重きを置かないものだ。
膠飴の効能を少し記します。
膠飴 甘・微温
味は甘くやや体を温める効果があるということだ。
“膠飴の能は裏急を治す”(「薬徴続編」村井琴山先生)
栄養補助的な存在だけではなくその“粘り”で体内に吸収されにくく、裏(小腸や大腸)にとどまって急な腹痛を緩めて止痛する。
※先人は冬場に餅を食し、裏急を緩めて身を守ってきた。
膠飴とはもち米・うるち米・小麦粉に麦芽を加えて加工したもの。
もち米・・アミロペクチンのみ
うるち米・・ふつうのお米でアミロース20アミロペクチン80
[PR]

by kanpousinise | 2012-02-13 00:14

黄柏(オウバク)   

2012年 01月 18日

【使用部位】
キハダの樹皮(周皮を除く)
【性】

【味】

【帰経】
腎・膀胱・大腸経
【薬能】
消炎・・・局所の充血を軽減する(清熱燥湿)
抗菌、抗真菌・・・ブドウ球菌抑制作用が強い、多くの真菌を抑制する
【臨床応用】
・とびひに外用すると効果がある
・黄柏末を酢でねって湿疹や打撲の外用薬として民間的に用いられてきた
・古来より日本各地に黄柏を主成分とする民間薬が多くある。(奈良県・陀羅尼助 長野県・百草丸など)
・湿疹や腫れ物といった皮膚症状のほか、『下焦の湿熱』に対して効果があり、下痢や排尿異常に用いる

※主に黄芩は肺熱(咳嗽など)、黄連は胃熱(上腹部痛や吐き気など)をさます
黄芩は上焦、黄連は中焦、黄柏は下焦をさますといわれる。山梔子は上焦および中焦をさます。上から芩・連・柏と覚えましょう
[PR]

by kanpousinise | 2012-01-18 23:21

山梔子とは   

2012年 01月 11日

【使用部位】
コリンクチナシの成熟した果実
【性】

【味】

【帰経】
心・肝・肺・胃経
【薬能】
解熱・・・黄芩、黄連には劣る
鎮静・・・発熱時の神経興奮を鎮める
抗菌、抗真菌・・・黄色ブドウ球菌、白癬菌などを抑制
【臨床応用】
・打撲、捻挫などに、生山梔子の粉末を小麦粉と卵白でねって湿布するとよい
・痔が炎症して痛むときには黒山梔(山梔子を炒めたもの)をワセリンと混ぜ、塗ると鎮痛効果がある
→山梔子は炒めると消炎作用のほか、止血に優れる
・古人は生山梔子を服用すると嘔吐しやすいが、黒梔子では起こらないとしている。
 しかし実際、生山梔子は痰がつまって胸苦しい時には嘔吐しやすいが、痰や胸苦しさがないときは嘔吐は生じない。嘔吐後はかえって気分爽快。
→生山梔子を使うと気分爽快となり気持ち良い鎮静効果が期待できる
コリンクチナシは山梔子、クチナシの果実は水梔子。薬用は山梔子をつかう
花屋で売っている八重クチナシは実がつかない
[PR]

by kanpousinise | 2012-01-11 22:50

紫蘇いろいろ   

2011年 12月 08日

 シソ科の植物は世界に3000種以上あるといわれています。紫蘇をはじめ、黄芩、丹参、夏枯草、薄荷など生薬として利用されるもののほか、セージ、ローズマリー、タイム、バジルラベンダーなど多くのハーブもあります。香味が強く、料理にもよく使われ、特に紫蘇は刺身の薬味、天ぷら、漬け物など私たちの生活に密着しています。
 紫蘇の葉の赤紫のものを赤紫蘇、緑のものを青紫蘇といい、薬用には赤紫蘇を用います。生薬の使用部位は葉と種子、茎です。葉は紫蘇葉、種子は紫蘇子、茎は紫蘇梗といいます。紫蘇子は鎮咳去痰、解熱、健胃、便秘などに効果があます。
[PR]

by kanpousinise | 2011-12-08 23:37

独り言   

2011年 11月 22日

寒い。石川県は寒い。。。

道路を歩くとイチョウの葉がひらひらと落ちて物悲しい気分になる。

あ。イチョウ葉も薬用しますよね。アルツハイマーの症状を改善するといわれています。

イチョウ葉エキス中の主にフラボノイド類には、活性酸素やフリーラジカルの消去作用、

血小板凝集の阻害効果 、炎症細胞からの活性酸素産生の抑制作用が認められています。

欧州では医薬品として使われています。

ドラッグラグでしょうか。。。さほど効かないのでしょうか。

日本人と欧州人とでは薬物代謝能力に違いがありますのでそんなことが原因でしょうか。

最近はメマリーなど新薬もでましたので、患者さんにとっては明るいニュースですね。

それにしても寒い。。天気予報金曜日まで雨ですか。。。外出たくないなぁ。。。
[PR]

by kanpousinise | 2011-11-22 17:58