漢方製剤と生薬製剤   

2011年 02月 14日

漢方製剤とは「葛根湯」や「八味地黄丸」などの
漢方薬のことを指している。
生薬製剤とは「六神丸」や「救心」などを指している。
これらは普通は2類医薬品なので郵送販売などをして
遠隔地へ販売することは薬事法で禁じられている。
理由は国民の健康被害の防止と健康維持である。
郵送販売すると法に違反して逮捕されるかもしれない
という恐怖から商品を送れたくても送れない。
厚労省は厳しく管理し、試売も行っている。
各県庁はその指示で目を光らせている。
違反すればマスコミ、メデイアは騒ぐので
販売できない。
恐怖政治だ。
かっての「生類哀れみの令」を想いおこす。
ただ「葛根湯」は7種類の生薬で構成されているが
この生薬は販売はできるし、購入もできる。
そこで消費者はこの生薬を購入しプラスチックのボール
に10日分くらい入れてかき混ぜて大体混ぜ終わったら
薬草袋に10分の一づつ入れてこれを所定の方法に
従って煎じればいい。
料理ができるような人ならば誰でもできる。
これで漢方薬を作ると漢方薬局で買い求めるよりは
五分の一くらいの価格で済む。
一度挑戦してみられてはいかがでしょうか。
生薬は当店からお送りします。

[PR]

by kanpousinise | 2011-02-14 17:37

<< 漢方・生薬の成分 生薬と農薬について >>