漢方・生薬の成分   

2011年 02月 15日

漢方・生薬は動・植物や鉱物、石薬を原料としている。
これらは煎じて服用することにより薬効が期待されている。
その成分を研究すれば新薬を発見できるのではないかという
推測が働く。現在でも数多くの大学、研究機関で成分が
研究されている。生薬成分からは過去において世界の画期的
新薬の開発がなされた。
鎮咳、解熱、抗ガン剤、胃潰瘍など枚挙にいとまはない。
エフェドリン、タキソール、グリチルリチンなどあらゆる植物
から抽出されている。
しかし、生薬を煎じて飲んでも一部の生薬を除いて殆ど
副作用や害はない。
ただ作用が緩和なので継続服用が肝心だ。
途中で投げ出さずに続けて服用することが大切。

[PR]

by kanpousinise | 2011-02-15 23:42

<< 生薬は学問的なもの 漢方製剤と生薬製剤 >>