漢方・生薬の精力剤   

2011年 03月 03日

精力剤を飲むにしても、男性ホルモン製剤やヨヒンビン製剤はどうもと
言う方に、ぜひお奨めしたいのが漢方・生薬の精力剤だ。漢方用語である
陰萎は勃起力の不足を意味している。原因として最も多いのは、脳のほう
から脊髄の中枢への刺激が抑制される場合が多い。
代表的な漢方・生薬精力剤としては植物薬、動物薬、鉱物薬などを多く
の先人達が実地の服用して効果のあったものが後世に伝えられた。
代表的なものには、
漢方処方の精力剤としては「牛車腎気丸」「桂枝加竜骨牡蠣湯」
「柴胡加竜骨牡蠣湯」「八味丸」「十全大補湯」「補中益気湯」が挙げられる。
この製剤は各個人の症状に併せてどの処方がいいか判断する。
漢方・生薬としては「海狗腎」「海馬」「鹿鞭」「淫羊かく」「亜鉛」
「仙茅」などがある。これらの漢方・生薬は古来より精力増進に効き目が
あるといわれている漢方・生薬だから安心して飲むことができる。

[PR]

by kanpousinise | 2011-03-03 18:16

<< 生薬の修治(しゅうち)とは 生薬の貯蔵法 >>