目の下の隈は瘀血(おけつ)の状態   

2011年 03月 06日

瘀血(おけつ)は漢方独特の概念で西洋医学にはない。
瘀は瘀滞の意味で、停滞している状態を指す。
従って、瘀血(おけつ)とは鬱滞している血液の状態を意味している。
瘀血(おけつ)のある人は次のような状態がみられる。
口が乾燥して口をすすぐことを好むが、飲みたくない。
他覚的には腹部に膨満がないのに、自覚的に腹満を訴える。
全身的または局所的に熱感がある。
目の下のくまに代表されるように皮膚や粘膜の紫斑、青筋、
さめはだ、唇が青い、便が黒い、出血しやすいなどの症状
がある。吹き出物が長く続きその吹き出物はかさぶたを作り
触るとガサガサになっている。
このような症状を呈する人は瘀血(おけつ)と考えたほうがいい。
解決するには?
[PR]

by kanpousinise | 2011-03-06 13:04

<< 瞑眩(めんけん)と副作用 高貴薬・牛黄(ごおう)とは >>