もぐさと生薬   

2011年 03月 13日

名医別録の中品に収載されている。艾は古来から灸にするばかりでなく、
その葉を止血、鎮痛薬として吐血、下痢などに用いた。
もちぐさとも呼ばれ、春先のヨモギの若芽を草餅や草ダンゴに用いている。
①中国産:キク科の多年草、ヨモギなどの全草または葉、祈州産のものは
「祈艾(きがい)」と称する。
②日本産:ヨモギまたはオオヨモギぼ葉。市場には全草を乾燥したものが多い。
ヨモギの葉の裏の絨毛は細かくつき砕いた後で、篩にかけて滓を除き、
綿のようになって残った柔毛を晒したものがモグサである。
「熟艾(温灸艾;モグサ)}はこれらの植物の葉の毛をかき取り綿状塊に
したもので、その調整の仕方によって種々の品質のものがある。

[PR]

by kanpousinise | 2011-03-13 23:03

<< カレー粉を利用しよう 生薬と民間薬の違いについて >>