糖尿病と漢方・生薬   

2011年 03月 17日

私達が食事でとった糖分は、胃の中で消化・分解されてブドウ糖
に変わります。そのとき、血液中にブドウ糖が増えて、
一時的に血糖値が高くなります。もともとブドウ糖は人間が活動
していく上で大切なエネルギー源です。
血液中にふえたブドウ糖は人間が活動していく上で大切なエネルギー源です。
血液中に増えたブドウ糖は膵臓から分泌されたホルモンの一種である
インシュリンの働きによって、どんどん筋肉や脂肪細胞に取り込まれます。
ところがインシュリンが不足したり、
何かの理由でその働きが悪くなると血液中にあるブドウ糖は筋肉や
脂肪細胞に吸収されず、血糖値が高いままになって
しまうのです。これが「糖尿病」です。
糖尿病に効き目がある
生薬としては
一位葉、黄精、ギムネマ葉、タラ木皮、蕃果、紅更紗、連銭草などがある。

[PR]

by kanpousinise | 2011-03-17 23:31

<< 福島原発から放射性ヨウ素が排出... 糖尿病と漢方・生薬 >>