福島原発から放射性ヨウ素が排出されたら   

2011年 03月 18日

ヨウ素は、甲状腺ホルモンの構成成分として生体に必須の微量元素であり、
体内には約25mgが存在するといわれる。
また、海草に多く含まれ、これを煎じたり、味噌汁にして飲めば1日の摂取量
は成人で約1.5mgとされている。
一方、甲状腺は、ヨウ素を取り込み蓄積するという機能がある。原子力施設の
事故で環境中に放出された放射性ヨウ素が体内に吸収されると、甲状腺で
即座に甲状腺ホルモンに合成され、甲状腺組織の中で放射能を放出し続ける。
その結果、放射能による甲状腺障害が起こり、
後天性の障害として甲状腺腫や甲状腺機能低下症を引き起こすとされている。
これらの障害を防ぐためには、被曝する前に放射能をもたないヨウ素を服用し、
甲状腺にヨウ素で蓄積しておくと、後で放射性ヨウ素が取り込まれたとしても、
あらかじめ服用しておくことにより、既に満杯のため甲状腺には取り込まれず
予防的効果が期待できるといわれている。
その際、ヨウ素含有物の効果は投与する時期に大きく依存するとされており、
被曝前に摂取した時に効果が最大で、
時間が経過するとともに効果は薄くなるらしい。
また、ヨウ素の吸収は、食後で30分後、空腹時で5分後から始まるとされ、
一旦甲状腺ホルモンに取り込まれれると、
体内に長期間滞留するため、放射性ヨウ素に被爆する前に、人体に害のない
ヨウ素含有の海藻を服用することは
安心できる方法でやっても損はないといえそう。

[PR]

by kanpousinise | 2011-03-18 22:25

<< セレブなハーブ生活とは 糖尿病と漢方・生薬 >>