新しい街作り   

2011年 04月 01日

東日本大震災は歴史上始めての災害ではありません。
明治、大正、昭和を通じて二度ほど大きな災害は起こり
ました。もちろん、今回ほどではありませんから同じ目線で
論じることはできません。しかし、テレビを見ていて感じる
事ですが同じ廃墟のなかに、また電柱を立てたり道路を造成
したりしているのにびっくりしました。
またさらに大きな津波に対応できるような高い防波堤を作るの
ですか。そういう、愚行を繰り返すよりは今までの場所を捨てて、
山を開発し新しい街を造成しませんか。
山を崩し宅地を造成し新しい街作りをしませんか。
20mといわず50m以上の高さに役所、防災センター、ビジネス
街、宅地を作り全く新しい市や町、村にしませんか。
生まれ変わって新しく経済活動をし、生活しませんか。
旧地を捨てても何にも逃げることにはなりません。
新しく発展するために変身するのですから。
そいう街作りを皆さんで考えようではありませんか。
それが震災からの教訓だと思います。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-01 23:15

<< 震災と街作り 震災復興財源について >>