震災状況を地図で海外に正確に伝えよう   

2011年 04月 08日

外国人観光客が激減している、60パーセント近くも減っているらしい。
外国からみた場合は日本全土が
地震と放射能で汚染されているというイメージがあるらしい。
日本はもともと狭い国土ではあるが、それでも福島と京都、大阪
では随分と離れている。500キロ以上は離れている。
日本政府や観光機関は日本全土の地図を広げここは安全、この場所は
観光にいかないほうがいいとはっきり明示すべきだろう。
私たちも東日本大震災が起きるまえに起こったニュージーランドの地震に
対し、ニュージランド全体に地震が起きる危険があり、余り近寄らない
ほうがいいと思っている。
日本のマスコミ機関も世界に向かって日本地図を指し示し今問題になって
いるのは一部地域で大部分は安全であると報道し、宣伝すべきだろう。
海外の不安を取り除くために政府も努力することはもちろん、
各メデイアもこぞつて一部地域であるということをもっと
報道してほしい。
日本のイメージを向上させ外国人にも安心して日本にこれるように
メデイアにも一肌脱いでほしい。
早くこれをやらないと日本経済はもう一段と不況になる。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-08 23:22

<< 新しい街を作ろう 消費は美徳、贅沢は味方 >>