福島原発の瓦礫の放射能を測定しよう   

2011年 04月 12日

日本は科学技術先進国だと自認しているが、放射能施設については
戦後かなりの時間が経ってからアメリカなどの技術を受け継いで
発足した。
いわば原発後進国である、原発についてはノウハウも少ない。
普通なら当然なことだが、先生であるアメリカ、フランスなどに
教えを乞うべきである。
最初にアメリカ原子力機関から廃炉の専門家を送ろうという申し出
があったときにすぐに受けるべきだった、
菅首相は断ったが、アメリカは戦前から放射能や原子力については
研究し多くの実験や失敗を経験している。
まず同盟国であるアメリカに助けを求めるべきだ。
アメリカに教えてもらってこの国難を乗り切ろう。
少しくらいネットができるからといって初心者は先生に教えを
受けながら前へすすんできた。
それと同じことが原子力についてもいえるのではないか。
あの水素爆発を起こしたときに多くの原子炉の瓦礫が四方へ
飛びちつた。
プレスはあの瓦礫を線量計ではからせるべきだ。
それを天下に報道してほしい。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-12 23:50

<< 日本は原子力の後進国 集団疎開への検討 >>