原発事故の負担方法   

2011年 04月 21日

福島原発はもともとは地震による津波が原因で惹起された事故
といえる。事故の後の対応はお粗末だったが、一人東電だけを
責めるわけにはいくまい。あの菅総理だってしっかりしたリーダーシップ
がとれず、東電の幹部を怒鳴り散らしたくらいだから似たり寄ったり
ということだろう。日本人の能力といったってその程度のものじゃないか。
自分が菅総理の立場だったらやはり怒鳴り散らしていただろうから
他人ごとではない。
電力会社の損失を税金で賄うのはもってのほか。
企業努力で支弁するのは当然だが、どうしても協力しなければ
ならないのなら電気料金の値上げが一番適切なのではないか。
東電の管内で賄い切れなければ、止むをえないから負担率を低下
させて他管内の電気料金の値上げで対応せざるを
得ないのではないか。
しぶしぶだが全国で支えるということになる。
電気の事故は電気の利用者で負担すべきだろう。
電気を利用しない人はいるのかいないのか。
これなら避難生活をしている人は負担しなくて済むのでいいと思う。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-21 23:10

<< 原発周辺20キロ圏内 震災時の自治体応援体制の確立 >>