原発周辺20キロ圏内   

2011年 04月 22日

原発周辺半径20キロ圏内では治安はなく泥棒も取り放題
だといわれる。戸締りもできず、そのままの状態で避難所へ移って
きたという経緯がある。被災住民はときどき私物を摂りに帰っり
被害家族を探しているらしい。被爆の危険性はあるがそれ以上に
今までの苦労がその故郷には詰まっているから探しにいくに
違いない。
20キロ圏内の警戒区域の設定は止むをえないところである。
あの原爆投下の後の広島ではどうだったのだろうか。
資料を調べて公表してもらいたいものである。
住民は防護服を着て線量計を携帯し、必要なものを取りに
帰るよう取り計らうべきだろう。
今後、警戒区域内であっても随時一時帰宅できるシステム
も作るべきだろう。
警戒区域内に入った人達には罰則があるという。
馬鹿にした話だ。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-22 22:50

<< 震災復興の整合性 原発事故の負担方法 >>