震災復興の整合性   

2011年 04月 23日

東日本大震災後の復興を国と地方が協力してやっていくには
地域主権の関連法案が必要らしい。
国と地方が対等の立場にたち、地域の自主性を尊重しながら
国と地方が協力して国の形を作る復興事業をすすめることが
重要であり、それがようやく緒についてきたようである。
復興計画を順調にすすめるには政府と地方自治体が協力
してやっていく必要がある。
既に自衛隊、海上保安庁、消防などの救助、救難活動は
国家の主導でなされているが、震災後の復興は双方
が協力して実施していく法的整備も必要だ。
今後は円滑に実施されていくのを期待したい。
人間は不幸せのなかに真の感動を覚えることができる。
つらい現実の先に何かいいことがあるかもしれない。
それにむかって頑張っていきましょう。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-23 22:51

<< 新天地で出直すことはできないか 原発周辺20キロ圏内 >>