新天地で出直すことはできないか   

2011年 04月 24日

東日本震災の影響で福島、茨城、宮城の農産物の売れ行きが悪い。
土壌汚染は津波による冠水、放射能による土壌汚染などにより
深刻な状況になつている。
すべての人が米作りではなく、各種野菜や果物など幅広い品種
にまで及んでいる。作付けを見送る地域も広がり農業が深刻な
影響を受けている。
原発による放射能汚染ならば補償を要求することはできるが、
津波による農業被害は要求ではなく義捐金や補償金に頼らざる
をえないのか。
人をあてにすることなく自分の力で一から出直そう。
そのためには場所を変えて遠く離れたところへ移るの一法である。
どこか自治体で受け入れに名乗りをあげるところが出てきてほしい。
営農希望者が慣れ親しんだ技術を生かす農業ができる
ようにするにはどうすればいいのか、知恵を出して
いきたい。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-24 22:54

<< サイバー攻撃とは 震災復興の整合性 >>