サイバー攻撃とは   

2011年 04月 28日

ソニーのネットワークシステムが攻撃を受け利用者の個人情報
が流出した。ネットワークには50カ国以上利用者約7,700
万人が登録され、過去最大規模の情報が漏出したらしい。
この事件で一番得をしたのは誰だろうか。犯人はその中に確実
にいる。現代の企業に対する挑戦とも言えるのではないか。
犯人はソニーのシステムを構築した人よりは頭がいい。
その点では立派と言わざるを得ない。
しかし、これは重大事件として取り上げ刑事事件として徹底的に
捜査してもらいたい。
何が何でも犯人を逮捕し、二度とこの種の事件が再発しないように
してもらいたいものだ。
インターネットを活用するものはたえずこれらのサイバー
攻撃にさらされている。インターネットを通じてコンピューター
に侵入し機能を麻痺させる攻撃は企業経営にとって脅威になり
つつある。
ハッカーに侵入されたソニーのシステムはインターネツトを
通じてゲームや映画を購入できるシステムらしい。
利用者の名前、住所、メルアドなどやクレジットカード情報
までも流出した可能性があるといわれる。
背筋が氷る恐ろしさである。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-28 23:10

<< 放射能の懸念を風化させてはならない 新天地で出直すことはできないか >>