制ガン作用のある生薬(3)   

2011年 07月 29日

ガン治療は手術、放射線、化学療法などによる治療のほかに漢方薬
や免疫療法剤による方法を加えて総合的に対処することが大切なので
はないだろうか。 まず、手術、放射線治療によりガンを取り除き、
取り残しのガン細胞を殺すために抗ガン剤と漢方薬を併用する。
そしてなるべく早く漢方薬だけにする。漢方薬は現在の免疫療法剤
以上に免疫力を高め、ガンを抑える効果が期待できるうえに、
抗ガン剤や放射線の副作用を減らす効果がある。現実にはガン患者
のかなり多くが強力な抗ガン剤の副作用でなくなっている。
これに漢方薬を代替したり、同時 服用すれば、誰でも一年や
二年は長生きできるはずである。 しかも、医療用、一般用とも
市販で買い求められる。 代表的なものは「十全大補湯」
「補中益気湯」「小柴胡湯」「人参養栄湯」などである。
十全大補湯は食欲不振を改善するとか、放射線治療による白血球の
減少にも効果があるとか、痛みが少なくなるとかという報告例がある。
どうせだめな場合は一日でも長生きしてもらうために、
代替療法による療法も重大である。植物人間ではないのだから、
頭ははっきりしているのだから、周りの人たちは最大限の努力を
惜しむべきではないと思う。そうした家族の努力が患者に生きる
意欲を起こさせるのである。患者の生きようとする意欲は、
食欲を増し、免疫力を高め、思わぬ長生きを生んだりするのである。
特に放射線治療には高麗人参を早くから飲んでおくのがいいと考える。
[PR]

by kanpousinise | 2011-07-29 17:41

<< ガンと生薬(4) 制癌作用のある生薬(2) >>