糖尿病の民間薬   

2012年 03月 08日

 タラノキという植物がある。日本全国に分布するウコギ科の落葉低木で糖尿病にいいとして知られている。トゲウドという別名のとおり、幹も枝もとげに覆われているので識別しやすく、とくに根と幹の部分が有効だ。タラノキの生薬名は楤木といい、漢方薬局で購入することができます。春にタラノメが出る前に根を掘り起こし、水で洗って根皮をはぎとる。生のまま50gを500mlの水で半量まで煮詰めたものが1日分で3回に分けて飲む。生の根皮がベストだが、無理ならば天日干しで乾燥させた根皮20gを1日量とし、600mlの水で半量になるまで煮詰め1日3回に分けて飲む。
 カキドオシを合わせると効果的。10gほどを上記のように煎じる。 
[PR]

by kanpousinise | 2012-03-08 22:41

<< ヨモギと風呂と腰痛と 奔豚(ほんとん) >>