眼の漢方   

2013年 03月 30日

眼病につかう漢方薬はあまりありません。
杞菊地黄丸や八味地黄丸がよく使われていると思います。
いずれも腎虚に用いるもので、加齢が大きな要因です。
歳を重ねると白内障や緑内障は増えてくるものです。

眼の中でも網膜(眼底)は漢方でいう腎に該当します。
網膜(眼底)出血などは腎のお薬がよいでしょう。
とくにお奨めしたいのが滋腎明目湯。

滋腎明目湯は清熱薬を配し、目の炎症を鎮めます。
緑内障治療の目薬では目に炎症を起こすものがあります。
炎症を鎮めるためにも、緑内障の治療にも滋腎明目湯はよいでしょう。
煎じ薬で揃えることができます。家でつくり毎日のみましょう。

緑内障の方で眼底出血している方は、緑内障が悪くなるおそれがあります。
眼底出血にも滋腎明目湯がよいのです。出血は少しずつ吸収され止血できます。

眼疾患なんにでも使えるのですが、熱性のものにご使用ください。
[PR]

by kanpousinise | 2013-03-30 18:17

<< 目に良い菊花 耳鳴りの漢方薬 >>