タグ:原子力 ( 2 ) タグの人気記事   

原子力はアメリカに指導を受けよう   

2011年 04月 18日

原発は本来、軍事と平和の両面から研究を進めることにより
更に高度の技術やノウハウを蓄積して本当の意味での原子力
をマスターしたといえる。
軍事における原子力は敵を殲滅させるための高度の兵器であり、
平和における原子力は住民に迷惑をかけない、決して危険を
もたらさない安全第一の施設でなければならないわけです。
日本は原子力の技術については世界に冠たるものがあるといいながら、
アメリカ合衆国からみると25年も遅れてヨチヨチ歩きを初めて大きく
なった息子にすぎない。
しかも平和の利用法しか知らない片肺飛行である。
えらそうな事をいっても息子の知識はどの程度のものかは親なら
誰でもわかる。だれでも社長ならわかることだが、部下の考えや実力は
よくわかるが部下からは社長の能力や考えを推し量ることはできない。
「燕雀(えんじゃく)安(いずく)んぞ鴻鵠(こうこく)の志(こころざし)
を知らんや」
という諺にあるごとく一般人はTOPの能力は理解できない。
日本はアメリカの原子力の実力がわかるわけがない。
下から上のことはわからない。
やはり頭を低くしてアメリカに教えを乞うべきである。
同盟国の盟主であるアメリカに教えを乞うても恥ずかしい
ことは何もない。今からでも遅くはないみんなでアメリカに
教えてもらいにいこう。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-18 22:30

福島原発の瓦礫の放射能を測定しよう   

2011年 04月 12日

日本は科学技術先進国だと自認しているが、放射能施設については
戦後かなりの時間が経ってからアメリカなどの技術を受け継いで
発足した。
いわば原発後進国である、原発についてはノウハウも少ない。
普通なら当然なことだが、先生であるアメリカ、フランスなどに
教えを乞うべきである。
最初にアメリカ原子力機関から廃炉の専門家を送ろうという申し出
があったときにすぐに受けるべきだった、
菅首相は断ったが、アメリカは戦前から放射能や原子力については
研究し多くの実験や失敗を経験している。
まず同盟国であるアメリカに助けを求めるべきだ。
アメリカに教えてもらってこの国難を乗り切ろう。
少しくらいネットができるからといって初心者は先生に教えを
受けながら前へすすんできた。
それと同じことが原子力についてもいえるのではないか。
あの水素爆発を起こしたときに多くの原子炉の瓦礫が四方へ
飛びちつた。
プレスはあの瓦礫を線量計ではからせるべきだ。
それを天下に報道してほしい。
[PR]

by kanpousinise | 2011-04-12 23:50